ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 導入事例
  4. 株式会社プレンティー 様
ここから本文です。

株式会社プレンティー 様

CD、DVD、ブルーレイディスク等のディスク修復機の分野で業界シェア率No.1を誇る、株式会社プレンティー様。同社様では、修復機を全国のレンタルショップやリサイクルショップ等に貸し出し、その使用回数に応じて課金するスタイルを採られています。このたび、各店舗の使用回数を迅速かつ正確に集計するため、ディスク修復機「EcoPro」(以下、「EcoPro」)に弊社の遠隔監視システム端末「PAU」を取り付け、自動的にカウンター情報をデータ収集するシステムを構築されました。

ディスク修復機のカウンター情報をM2Mで自動収集。作業時間の大幅な短縮化と顧客満足度の向上に貢献。

業種 業務
製品 ソリューション・サービス カウンター情報自動収集システム

課題と導入効果

解決したい問題点

  • 「EcoPro」のカウンター情報のチェックと入力作業を各設置店舗にお願いしていたため、店舗スタッフの方々にご負担をおかけしていた。
  • カウンター集計期間前に設置店舗全店に電話で協力を依頼し、集計期間終了後も未入力店に電話でフォローするなど、電話発信業務に時間と手間がかかっていた。
  • カウンター数値の入力を店舗スタッフの方々の手作業に任せていたため、誤入力の心配があった。

導入効果

  • 「EcoPro」の電源が入っていれば、自動的にデータ収集できるため、店舗スタッフの方の作業が不要になり、お客様のご負担を解消できた。
  • 各店舗への事前の電話連絡や、未入力店への電話連絡がほとんどなくなり、業務効率が大幅に向上した。
  • カウンター情報を正確かつ迅速に収集できることから、データを分析し、機会損失の防止や営業戦略に役立てることができるようになった。

導入背景

各店舗に協力を依頼していたカウンター入力業務を、システムで自動化。

株式会社プレンティー
営業部DISCサービス・
店舗ソリューション担当 執行役員
八木 雅弘様

今回の導入事例の取材にあたり、株式会社プレンティー様の営業部DISCサービス・店舗ソリューション担当執行役員の八木雅弘様、営業部DISCサービス第1チームの田村友和様にお話をうかがいました。

新規事業に積極的に取り組み、幅広く事業を展開されている、株式会社プレンティー様(以下、プレンティー様)。その基幹事業が、キズの付いたCD、DVD、ブルーレイディスクなどを新品同様に甦らせる、ディスク修復機の販売およびレンタル事業です。プレンティー様では用途に応じた機種を各種ラインナップしており、大手チェーンのレンタルショップや中古リサイクルショップを中心に、全国の店舗に総計約10,000台が設置されています。

今回のシステムの対象となった「EcoPro」は、1枚のディスクをわずか30秒で修復できるというもの。レンタルショップで貸し出しを行う際、ディスク点検でキズの疑いがあれば、その場で「EcoPro」を利用することにより、視聴に問題のない状態に修復した上で、お客様に貸し出すことができます。

「EcoPro」は、2013年7月現在で約1,000店舗に約1,500台を設置。各店舗に無償レンタルしており、使用回数に応じて使用料を課金するというスタイルを採っています。そのため、毎月一回、「EcoPro」に記録されている累積カウンター数をチェックして、使用回数を確認する必要があります。システム導入以前は、集計期間前にプレンティー様から各店舗に電話を入れて協力を依頼し、店舗スタッフの方々がそれぞれ「EcoPro」のカウンターを調べて、プレンティー様のWebサイト専用ページに数値を入力していただくという方法で集計作業を行っていました。しかし、店舗によっては多忙だったり、失念したり、アルバイトスタッフが多いために申し送りが不十分だったりなどの理由で、集計期間中に入力いただけないケースも多く、未入力の店舗には再度電話連絡をして、入力をお願いしていました。さらに明らかな入力ミスと思われる数値が上がっていた場合も電話で確認し、数値を是正していたとのことです。

株式会社プレンティー
営業部DISCサービス第1チーム
田村 友和様

こうした各店舗に入力をお願いする集計方法は、店舗スタッフの方々に負担をかけること、入力ミスの可能性があること、さらにプレンティー様が電話を通じて各店舗に協力要請を行う時間と手間が莫大であることなどから、M2Mによって自動的にカウンター情報を収集できるシステムの導入が検討されました。複数社のシステムが候補に挙がる中、PHS網を活用する手軽さやSIまで行えるトータルな提案力などが評価され、弊社のPHSによる遠隔監視システム用端末「PAU(PHS Access Unit)」の導入をご決断いただきました。

ソリューション

時短、省力化をはじめ、システム導入によりさまざまなメリットが。

プレンティー様に導入いただいたPAUは、同社様のビジネスパートナーでディスク修復機の製造に携わっている企業様の協力もあり、「EcoPro」にワンタッチで装着できるパッケージングを施し、全国の設置店舗に配送。2012年3月より各店舗で運用が開始されました。PAUの導入により、下記のようなメリットが生まれました。

ワンクリックでカウンター情報を自動収集

PAU導入後のカウンター情報の収集は、プレンティー様がPC上でPAU一台一台に割り当てられたPHS番号を一括選択し、スタートボタンをクリックするだけ。あとは自動的にPHS通信でデータを吸い上げ、その数値がPCに記録されていきます。「EcoPro」本体と同期しており、入力ミスの心配もありません。データ収集完了後は、メールもしくはFAXで各店舗に自動的に完了通知が送られます。

設置店舗の作業負担がほぼゼロに

ディスク修復機
「EcoPro」(円内がPAU)

PAU導入後の店舗側の作業は、「EcoPro」の電源をONにしておくだけでOK。ほとんどの店舗では営業時間内は「EcoPro」の電源が入っているため、店舗側ではとくに何もしなくてもデータ収集できるようになりました。店舗スタッフの方々の手を煩らわせることがなくなり、各店舗のオーナー様や店長様にもお喜びいただいているとのことです。

電話連絡の手間と時間が大幅に軽減

以前は事前に設置店舗すべてに電話で協力要請を行っていたところ、PAU導入後は、メールやFAXで集計期間の開始時期と「EcoPro」の電源ONの確認をお知らせするだけで済むようになりました。また、以前は集計期間終了後も未入力店が多数あり、電話でフォローしていましたが、現在は「EcoPro」の電源が入っていなかった店舗や、電波状況によってスムーズに通信できなかった店舗の数店に電話確認を行うだけで集計を完了できるようになりました。

消耗品不足による機会損失を解消

カウンター情報を迅速かつ正確に収集できるようになったことから、各店舗の使用回数を一覧として確認でき、それによって消耗品の使用状況の目安を計り、在庫が残り少ないと思われる店舗から優先的に消耗品を供給できるようになりました。これにより、消耗品不足のために「EcoPro」が使えないというケースが減り、機会損失の防止につながっています。

数字で見る導入効果

プレンティー様では、PAUの導入後も各店舗への理解・浸透に努められ、さらに業務改善などを行ったことにより、システム導入前に較べ、システム導入から約1年2ヵ月経過後で以下のような効果が現れています。

今後の展望

2012年3月より運用をスタートした、PAUによる「カウンター自動集計システム」は順調に稼働を続けています。

今回のプロジェクトについて、八木執行役員にうかがいました。

「カウンター情報は請求に関わる部分なので、毎月きちんと継続できることが重要です。もしも間違った数値が集計されてしまうと、お客様にご迷惑がかかり、弊社としても信用問題に関わります。そういう意味では、導入から1年以上経過した現在も問題なくデータ収集できており、NECマグナスコミュニケーションズさんにお願いして良かったと思っています」。

「EcoPro」のカウンター情報の収集を担当されている、田村様にうかがいました。

「電話で事前告知を行ってた当時は、そのためのアルバイトさんを2名雇い、さらに私も加わって、全国の店舗に電話をしていました。それがほとんどなくなりましたので、ずいぶん楽になりましたね。以前はデータを収集するだけで手いっぱいでしたが、今は収集したデータから各店の利用状況を調べて、営業スタッフにフィードバックするといった営業戦略的な動きもできるようになりました。NECマグナスコミュニケーションズさんは、システムに関する問い合わせをするとすぐにご対応いただけるので、大変助かっています」。

NECマグナスコミュニケーションズでは、今後も引き続きお問い合わせなどにご対応していくとともに、プレンティー様の他のディスク修復機や、幅広く展開されている新規事業でもお手伝いできることがあれば、ご協力させていただきたいと考えています。

株式会社プレンティー 様

1995年、ディスク修復機事業をスタート。以来、30秒で修復できる「EcoPro」や50枚のディスクを連続修復できる「ソメッグ マスター BD/HC」など、多彩なラインナップを取り揃え、ディスク修復機の分野で業界No.1のシェア率を誇ります。また、「100年先も生き続ける企業」をモットーに、「エコ」をキーワードとした新規事業に積極的に取り組まれており、近年ではLED照明のレンタル事業に注力。そのほか、カナダの老舗化粧品メーカー「DELON」の総代理店としてボディバター等の卸販売、さらにグループ会社では、インドネシアとの人材交流や人材研修、野菜ジュースの販売、お台場での貸農園およびバーべーキュー場の運営など、幅広く事業を展開されています。

  • 所在地(東京本社):〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル6F
  • TEL:03-5436-4877 (代表)
  • URL:http://www.plenty.co.jp [new window]
  • 設立:1995年9月
  • 事業内容:エンターテインメント関連事業企画・販売、LEDレンタルシステムの販売、化粧品事業、新規ビジネスの事業化

導入製品・サービス情報

こちらから「カウンター情報自動収集システム(M2M)」のソリューションなど詳細情報がご覧いただけます。

印刷用PDF

「カウンター情報自動収集システム(M2M)」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。

お問い合わせ・資料請求

「カウンター情報自動収集システム(M2M)」製品導入、資料請求に関してのお問い合わせは、「取扱商品に関するお問い合わせ」からお願いいたします。

お問い合わせ・資料請求

まずはお気軽にご相談ください。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る