ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECマグナスコミュニケーションズ
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > プレスリリース > 平成25年プレスリリース詳細
プレスリリース
ページ共通メニューここまで。

プレスリリース

報道関係各位

2013年7月23日
日本電気株式会社
NECマグナスコミュニケーションズ株式会社

国内最速 毎秒10ギガビットのデータ転送に対応した 回線暗号装置を発売 ~ビッグデータの伝送を高いセキュリティで実現~

NECならびにNECマグナスコミュニケーションズは、広域イーサネット(注1)回線上のデータを不正アクセスから保護するレイヤ2(注2)回線暗号装置として、国内最速となる毎秒10ギガビットの転送速度に対応した 「COMCIPHER(コムサイファー)XL2B」を、本日から販売開始します。

新製品は、暗号アルゴリズムに、総務省及び経済産業省の電子政府推奨暗号方式で、かつ米国政府の標準暗号化方式であるAES(FIPS-197準拠)(注3)を採用し、転送速度で毎秒10ギガビット(注4)を実現しました。

昨今、官公庁や企業などでは、機密情報の伝送や情報漏えい対策に必要なセキュリティの高いネットワークの必要性がますます高まっています。また、映像などデータの大容量化による、ビッグデータの伝送も必要となってきています。

新製品を加えたCOMCIPHER(AES)シリーズは、毎秒2メガビットから 10ギガビットまでの多様なデータレートに対応し、ビックデータの収集・配信に必要な高速・大容量通信にも対応可能な、セキュリティ・ネットワークを効率的に構築できます。例えば、テレビ会議など動画映像の配信などにより、データトラヒックの増加が見込まれる拠点間通信や、データセンタとバックアップセンタとの間のディザスタリカバリ用途への適用を見込んでいます。

新製品の主な特長は、下記のとおりです。

1.既存ネットワークへの組み込みが容易
ネットワークの終端装置とLAN側のルータやスイッチとの間に本製品を接続するだけで、回線区間の暗号化が可能。既存ネットワーク機器の変更や設定の変更が不要なため、スムーズな導入が可能。

2.通信速度の低下がなく、アプリケーションを選ばずに暗号化可能
毎秒10ギガビットの暗号化/復号処理においても、遅延時間が極めて少なく、通信速度の低下がないデータ伝送を実現(遅延時間は1msec以下)。また、暗号化データのプロトコルを選ばず、遅延が許されない音声通話や映像配信などのリアルタイムなアプリケーションにも適用可能。これらにより、ユーザがストレスを感じずに伝送データの秘匿化が可能。

3.導入後の機器移動やメンテナンスも容易
初期導入後にCOMCIPHERの構成変更(機器の追加や撤去等)があっても、稼働中のCOMCIPHERへの設定変更が不要。また、COMCIPHERは暗号化専用のハードウェア製品のため、ソフトウェアの更新に関わるメンテナンスも不要で、安心・安全な通信を経済的に運用可能。

 

「COMCIPHER XL2B」の希望小売価格は、12,500,000円(税別)からです。

NECとNECマグナスコミュニケーションズは、広域イーサネット上のセキュリティ需要の増加を鑑み、既存装置のデータレートアップグレードなどの販売も含め、今後3年間で「COMCIPHER(AES)シリーズ」について約10,000台の出荷を見込んでいます。また、今後、国際通信におけるセキュリティ需要の高まりに応じて、グローバル市場への適応についても、対応を検討して参ります。

なお、本製品の特長、ネットワーク構成例、仕様は別紙をご参照ください。また、製品情報は下記ページをご参照ください。
http://jpn.nec.com/comcipher.html
以上

(注1)広域イーサネット:離れた場所にある拠点同士をイーサネットインタフェースを介して接続する技術や通信サービスの総称。ひとつのLANとして管理できるのでビジネスのシームレスな連携と容易な管理を実現可。
(注2)レイヤ2回線:広域イーサネット接続サービスなどのOSIレイヤ2を用いる回線。
(注3)AES(Advanced Encryption Standard)は総務省及び経済産業省の電子政府推奨暗号リスト※にラインナップされ、米国政府の標準暗号化方式としても採用されている暗号アルゴリズム。FIPS(Federal Information Processing Standard)は米国政府調達のための情報処理標準規格。
新製品は、FIPS-197準拠。
※参考:電子政府推奨暗号リスト(2013年3月1日改定)
http://www.cryptrec.go.jp/images/cryptrec_ciphers_list_2013.pdf
(注4)双方向通信において10Gbpsのスループット(実効速度)を実現。

 

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NECマグナスコミュニケーションズ アクセスシステム営業推進部
電話:03-3798-7963
E-mail: access@ml.magnus.nec.co.jp

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
NEC コーポレートコミュニケーション部 大戸
電話:03-3798-6511
E-mail: k-ooto@bc.jp.nec.com

NECマグナスコミュニケーションズ 総務部 藤井
電話:03-3798-7841
E-Mail: fujii@magnus.nec.co.jp

 

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

 

<別紙1>

1.既存ネットワークへの組み込みが容易
ネットワークの終端装置とLAN側のルータやスイッチとの間に回線暗号装置COMCIPHERを接続するだけで、回線区間の暗号化が可能。既存ネットワーク機器の変更や設定の変更が不要なため、スムーズな導入が可能。

2.通信速度の低下がなく、アプリケーションを選ばずに暗号化可能
毎秒10ギガビットの暗号化/復号処理においても、遅延時間が極めて少なく、通信速度の低下がないデータ伝送を実現(遅延時間は1msec以下)。また、暗号化データのプロトコルを選ばず、遅延が許されない音声通話や映像配信などのリアルタイムなアプリケーションにも適用可能。これらにより、ユーザがストレスを感じずに伝送データの秘匿化が可能。

3.導入後の機器移動やメンテナンスも容易
初期導入後にCOMCIPHERの構成変更(機器の追加や撤去等)があっても、稼働中のCOMCIPHERへの設定変更が不要。また、COMCIPHERは暗号化専用のハードウェア製品のため、ソフトウェアの更新に関わるメンテナンスも不要で、安心・安全な通信を経済的に運用可能。

4.ラインナップの充実により効率的なセキュリティネットワークを構築
新製品を加えた「COMCIPHER(AES)シリーズ」計5モデルにより2Mbpsから10Gbps迄の帯域をカバー。設置する拠点の規模に合わせた効率的な配置が可能。
ポイント・ツー・ポイント接続、ポイント・ツー・マルチポイント接続、マルチポイント・ツー・マルチポイント接続と多彩なネットワークに対応。

5.マルチキャストフレーム暗号化/復号機能を搭載
新製品COMCIPHER XL2Bと従来モデル(COMCIPHER GL2B,FL2BH,eL2B)との通信では、マルチキャストフレーム暗号化機能により、秘匿性の高い映像素材の同報配信や、ライブ映像配信(コンテンツ配信業者、映像モニタリング業者等)、および拠点間を繋ぐ多地点テレビ会議やデータセンタから各拠点(店舗、支店等)へのマスタデータ配信において、高いセキュリティを確保。

6.不正分解を防止する筐体構造を採用、万一の場合もセキュリティ確保
「COMCIPHER(AES)シリーズ」の設計思想である、タンパレジスタント構造(※)を踏襲し、安全な暗号キーの保持が可能。不正な装置分解・解体時には、暗号キー及び設定情報が自動消去されるため、高度なセキュリティの確保が可能。
※不正な開封・加工・改変・改ざんなどを防止する仕組み、機構。eL2BS以外の全ての「COMCIPHER(AES)シリーズ」に採用。

 

COMCIPHER(AES)シリーズ導入のポイント

 

 

 

<別紙2>

アプリケーション構成例

 

装置外観図

 

<別紙3>           
■装置仕様
①COMCIPHER XL2B

 

項目

内容

1

装置名称

COMCIPHER XL2B

2

暗号化方式

AES(FIPS-197準拠)

3

キービット数

256bit

4

キー構成

(1)共通鍵 ①マスタキー(ワークキー暗号化用) ②ワークキー(ユニキャストデータ暗号化用) ③マルチキャストキー(マルチキャストデータ暗号化用)
(2)公開鍵(マスタキー暗号化用)

5

適用回線

レイヤ2サービス回線(広域イーサネット接続サービス)、ダークファイバ-

6

スループット(双方向)

10Gbps

7

インタフェース

WAN-CIPHER

10GBASE-LR/10GBASE-SR
(XFPモジュールの選択により変更可能)

8

CIPHER-LAN

10GBASE-LR/10GBASE-SR
(XFPモジュールの選択により変更可能)

9

 

ローカルポート

100BASE-TX(MDI-X)

10

暗号化/復号フレーム

ユニキャスト、マルチキャスト

11

適用構成

ポイント・ツー・ポイント、ポイント・ツー・マルチポイント、
マルチポイント・ツー・マルチポイント

12

物理鍵による保護機能

物理鍵により装置設定用ローカルポートを保護

13

対向可能な暗号装置数

1023台(同一ネットワーク上に1024台の設置が可能)

14

登録及び学習可能な
端末数

2000台(対向可能な暗号装置数含む)

15

透過機能

・マルチキャスト暗号モード(有効):ブロードキャスト/VLANタグ/スパニングツリープロトコルは暗号化せず透過
・マルチキャスト暗号モード(無効):ブロードキャスト/マルチキャスト/VLANタグ/スパニングツリープロトコルは暗号化せず透過

 

項目

内容

16

不正行為に対する
鍵保護機能

不正行為・装置解体時に、設定情報及び暗号キーを自動消去

17

バイパス機能

手動による物理レベル、コンソールによる論理レベルバイパス

18

診断機能

ROM/RAM チェック、ローカルパスチェック、デバイスチェック
乱数生成チェック等

19

モニタ/管理機能

(1)装置前面のLED表示 (2)ローカル端末ブラウザソフトによるGUIでのアラーム/アラーム履歴表示
(3)イベント履歴出力機能(アラーム履歴含む) (4)SNMP対応 (5)NTP対応 (6)Syslog対応

20

温度条件

0~40℃

21

湿度条件

85%以下(但し結露しないこと)

22

電源条件

AC100V±10V,50/60Hz

23

消費電力

約45VA

24

VCCI

Class B

25

外形寸法

約420(W)×370(D)×88(H)mm 高さはゴム足(14mm)含まず

26

質量

約8.5kg

 

以上

 

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Magnus Communications, Ltd. All rights reserved.